2020/07/17

現在把握している残り5名様の予約分を除いて予約品の在庫をすべて0に設定しました。今後在庫が復活するのはすべての生産完了後に余剰在庫があった場合になります。早くても9月以降の見込みです。現状の(予約)と表記された在庫は先行予約された方専用です。それ以外の方が購入されても返金キャンセル処理となりますのでご注意ください。

マニュアル

2020年5月21日現在の内容です。ハードウェア検証の状況によって、今後内容は変更する可能性はあります。

https://shop.ause-audio.com/wp-content/uploads/2020/05/AK4499DAC機能仕様.pdf

銀行振込について

銀行振込に対応しました。Paypalではなく直接銀行へお振り込みとなります。従来のメールでやり取りを行う方法と異なりシステム上から情報を発行しやり取りを行う形になります。振込先は手続き完了後にご案内が送られるはずです。購入の手順は以下のページを参考にしてください。

受注の流れ(銀行振込)

本予約のご案内

Blogにも書きましたが、本予約を3/21よりスタートします。仮予約で申請していただいた商品をカートに入れてPaypalでお支払いをお願いいたします。

仮予約をせず注文希望の方は必ずこちらのBlog記事に先にコメントを下さい。仮予約をせず無断で注文をした方はお支払いを頂いても商品はお届けできません。

http://ause-audio.com/?p=2513

返金処理は最終的に対応しますが、量産仕様集計のタイミングで全員の購入リストを照合してからとなりますので返金までかなりお時間をいただきます。この点重々ご注意ください。

今回は予めシステムで仮の在庫数量を設定しています。在庫数量は仮予約と実生産数から算出されています。それぞれの構成の合計で実生産数を超えないように調整をしています。もしシステムで実生産数を超える注文が可能になっていると必ず返金処理が発生してしまうためです。そのためお客様都合による構成変更は一部そのまま対応することは可能ですが、以下の制約が生じます。

  1. 完成品のオプションのみ変更される方 そのまま注文OK
  2. キットの構成を変更される方 そのまま注文OK
  3. 完成品のDAC枚数を増減したい方 変更前数量と変更後数量をご連絡ください、案内後にお手続きをお願いします
  4. 完成品からキット、キットから完成品へ変更希望の方 ご連絡の上、お手続きはしばらくお待ち下さい
  5. 特注仕様を希望されている方 まだお支払いをしないようにお願いいたします

仮予約をした方へ確実にお届けするための設定です。キットと完成品の初期在庫数量は、基板の生産数と仮予約の数量から割当しているため、相互の入れ替え注文が増えますと全員に割当が出来ず、途中で在庫切れが発生してしまう恐れがあります。これはオプションや構成が複雑なことが原因です。

そのため完成品とキットの希望入れ替えを行う場合には、もう一度最終構成をお伝えいただいて数量の整理をする必要があります。このような事情がありますので、やむを得ない場合を除いて1~3の範疇でできるだけ発注いただけますと大変助かります。4が多いと最終的に辻褄が合わなくなるリスクがあります。

例えばですがインシュレータは大幅な数量変更に対応ができません。仕入れ価格、差額の関係で、完成品はアクリルインシュレータ、キットのケース付属はアルミインシュレータになりました。この関係で完成品とキットの構成変更に対応できるのは上限10人以内です。それ以上になるとインシュレータが入れ替わってしまう可能性があります。

この10人というのは一方的な流れに偏った場合に最大10人までということです。キットから完成品と同時に完成品からキットへ乗り換える方がいた場合はトータルでは同じ数量ですので問題ありません。確率的には低いと見積もっていますが、いずれにせよそのあたりの事情を把握してから設定在庫を調整しますので、ある程度のお時間をいただきたいのです。

もちろん仮予約と同じ内容の方はそのままご購入手続きをお願いします。

マルチでの使用を希望される方は必ずマルチ対応オプションをカートに入れるようにしてください。2chサミングの場合は商品のみで問題ありません。2ch動作の方はヘッドフォンオプションが必要な方は忘れずにカートに入れるようにしてください。オプションは忘れてしまった場合でもあとから追加購入で対応は出来ますが、相互のミスの原因となりますので出来る限り一緒に発注してください。マルチの場合、内部仕様が異なるので到着後にお客様側で変更作業をして頂く必要があります。簡単な作業ではありますが不要な手間が発生します。

ヘッドフォンオプションは出荷後にお客様側で変更するのは困難です。この場合は背面のXLRコネクタよりヘッドフォン出力を確保するようにしてもらうしかありません。背面XLRからヘッドフォン出力を取ること自体は可能です。ただし通常のヘッドフォン出力とオスメス逆なので変換ケーブルが必要です。

以上、よろしくお願いいたします。

登録ユーザー向けのフォーラムをテスト公開しました

ログインをしないと見ることはできません。メニューにサポート掲示板のリンクがありますが、ログインしていない状態だと404になりますが仕様です。現在テスト運用段階です。>https://shop.ause-audio.com/forums/forum/%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88

音質レビュー

AK4499特注DAC 音質レビューまとめ

価格について

すべて税別です。送料と消費税はカートに入れたあと、チェックアウト時に加算されます。

キットのフルセットの手動購入方法

不足がないように画像サンプルを用意しました。以下の構成がフルセットになります。本予約ではDAC4枚のフルセットは標準で用意してありますから、その他の構成を検討される場合は以下の画像を参考にしてください。

個人活動と逢瀬の関係性

個人と逢瀬の関係についてこちらにも掲載をしておきます。実は最初から基本的なガイドラインに沿って行動しています。その内容は以下のとおりです。

  • 基本的に未完成品は逢瀬では販売しません。逢瀬は完成品のみを扱います。サポート範囲も異なります。
  • 個人では逢瀬製品の直接的な話題には触れない、言及しない、個人はメーカーと利害のない個人として行動するように努めています。
  • 個人で逢瀬製品と同等品を比較のために引用することがあったとしても具体的な製品名やリンクは明記せずに一般名称や機能名のみです。
  • 他社製品の直接的な話題は逢瀬ではしないように努めます。逢瀬は自社製品に注力します。
  • 逢瀬から個人へのリンクや紹介は行いません。個人から逢瀬の紹介も本当に推奨できる相手以外には行いません。

人間なのでもちろん不完全な部分やうっかりミスはあるのですが、個人のつながりを積極的に商売に利用したり、真実ではなく利害に基づいた他社を貶める発言をしたり、そういうことは最大限避けたいと考えています。個人としてもメーカーとしても誠実に真実を発信することに努め、個人HPで技術的なノウハウの40%程度をフリーで公開しオーディオ業界に貢献したいと考えています。

前例もなく難易度の高い試みですが以上ご理解をお願いいたします。ちなみに以前から個人とメーカーの関係そのものについては特に秘密扱いにはしていません。積極的に公開や言及をしなかっただけです。

※ヘッドフォンアダプタについてのみ例外的ですが、逢瀬からスタートした製品なのでいまのところ唯一の例外となります。今後はこのようなことがないようにします。

その他

プライバシーポリシー

特定商取引法表示